2018年6月3日日曜日


ずっとずっと前に見た一枚。
その当時は、誰が撮った写真なのかも解らなくて
後になって知ったのですが...。
Paul Strand...、Walker Evans 以前の人。

写真として、芸術写真・絵画主義・pictorialismとか
写実主義・realism、ドキュメンタリ、Straight Photography 
云々(方向性とか)は別として...
もの作りをしている者として、共感する部分が有り
上手い(良い)表現だなと思った、彼の言葉を載せておきます。

---

ポール・ストランドのことば

アートの材料は自分のなかにあるのではなく、想像力の産物でもない。
それはアーティストの周囲の世界にあるのだ。

ピカソやセザンヌ、ヴァン・ゴッホの絵に生命を与える要素は、
画家と現実世界の間の関係性である。

アート作品が現実世界のなかで新たな生き生きとした力となり、
人間の経験を広げたり別の形に変化させることができるかどうかは、
アーティストがこの世界をどう見て、
それをアートとしてどのように翻訳したかにかかっている。

アーティストの世界は無限だ。
アーティストは自分の近所だろうが遥か遠くだろうが
どこにでも世界を見つけられる。
世界は常にアーティストのそばにある。



保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

2018年6月1日金曜日


みなさま、こんにちは。
なかなかブログを更新出来ず、6月になってしまいました。
今日は、来月(7月)に、私のスタジオで開催する
ワークショップと小さな展示のお知らせです。



いつもお世話になっている中標津一条ギャラリーの
クラフト小物の展示販売と、ワークショップを行います。
(画像をクリックすると拡大できます)

東一条ギャラリーの運営者でもある、
ステンドグラス作家の浅沼久美子さんは
以前に、私の工房で作品展&ワークショップをしていただきました。
今回は以前と同じ、箸置き、ペンダントトップの他に
ガラスの四角いお皿も制作できるワークショップを行います。
お好きな色ガラスを選んで配置していただき、簡単に愉しめます。
難しい焼成という作業と仕上げは浅沼さんが担当してくださって
後日、完成品をお渡しします。

小皿はアクセサリーやポプリを入れたり
涼しげで素敵なアクセントとして使えるのではないかな?と思います。

それから、私のワークショップは、小さな木枠を使ってコースターを織ります。
(DM写真の作品は少し難しい模様なので、もう少し簡単なものになる予定)
ボーダー柄を2色の糸で織ってみようかなと考えています。
大きな織機を使わず、原始的な道具で織る事で
織りの仕組みも愉しみながら解ってもらえるのでは?と思っています。

展示の方は、小物中心になります。
ポストカードやガラス、木工、など。
いつもの東一条ギャラリーの仲間達の作品を少しですが展示販売します。
そして中標津、牧舎のクッキーの販売も予定しています。

7月7(土)〜8(日)の開催ですので
是非、お立ち寄りください。

なお、私のワークショップは事前申し込みが必要です。
お問い合わせはお電話か、ブログのメッセージフォームよりお願いします。


保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

2018年5月12日土曜日

今日は、展示のお知らせです。



「牛の足音」冨田美穂 牛の木版画展
会期:2018年9月4日(火)~10月14日(日)

場所   :神田日勝記念美術館 神田日勝記念美術館2階展示室
     北海道河東郡鹿追町東町3丁目2
開館時間 : 午前10時~午後5時
休館日  : 毎週月曜日(祝日の場合は開館)祝日の翌日(土日が重なる場合は開館)
観覧料  : 一般 520円、高校生 310円、小中学生 210円



「福田元美 moto postcards 原画展」
会期:5/12~6/2 の土・日曜日オープン 11時〜17時
場所:東一条ギャラリー 中標津町東一条北1丁目16
050-5328-8381

---

版画家の富田さん、イラストレーターの福田さんの作品展示が有ります。

富田さんの展示は9月からなので、まだ先ですが載せておきます。
福田さんの展示は、今日からスタートしています。

お二方ともそれぞれ、素敵な作品を作られているので
是非、見に行ってみてください〜。

2018年5月11日金曜日


 少し前、一人ハンガリー祭?!してました。
(と言っても、曲を聴くだけですが)
パブロ・デ・サラサーテのチゴイネルワイゼン (Zigeunerweisen) 、
フランツ・リストのハンガリー狂詩曲 (Hungarian Rhapsodies)、 etc...

Sarasate の Zigeunerweisen (Gypsy Airs)、子供の頃から好きな曲です。
思い立って YOUTUBE であれこれと
色々なヴァイオリニストの演奏を聞き比べしていました。
聞き比べ始めると止まらなくなってしまう!
音楽に関してはもう本当に呆れるのを通り越す位
気に入ったものは何度も何度も繰り返し聴いても全く以て平気。
と言うか、聞かずにいられない。
自分でもどうにかしているんじゃないの?って思う程。
(これは隔世遺伝なので、もう...やめられない止まらない?しようがない、笑)

同じ曲の聞き比べは、奏者も楽器も一人ずつ違うのですから
聞こえて来る音色は勿論それぞれ異なります。
以前は家に有るレコードやCDでしか、なかなか聞く機会がありませんでしたが
今はYOUTUBEで色々なアーティストの演奏を楽しめるようになって本当に嬉しい。
(欲しいCD全部は到底買えそうにないですから)
録音状態の善し悪しはありますが、それとは別で
ツィゴイネルワイゼンを聞き比べて改めて思ったのは
機種の違いや技術力、奏者の人柄...これら以外の特徴、
「お国柄、時代」も反映している様に感じるなぁという事。

ともかく、映像を見ながら聴けるのって◎。
どんな人がどんな場所でどう演奏してるか、音以外の情報も解るので。

そしてやっぱりイージーリスニングとクラシックは違うって事(全然別物)。
当たり前ですが…。

---

覚え書きとして、ド素人也に好きなものを一言メモしておきます。

Itzhak Perlman 
完璧、お手本通りだな〜

Yasha Heifetz 
ロシアらしい、かっちりしてる(そこがまた良い)

Alfred Campoli 
イタリアの古い民衆音楽の音を思わせる。粘りの有る音、高音は女性の声の様

Ion Voicu
さすがルーマニア、早弾き滑らか(ロマ曲の演奏も凄い)

Leonid Kogan
澄んだ音(ちょっと怖そうな^^;外見とは違う印象!の、澄んだ音

David Oistrakh
ビブラートが特徴的

Vadim Brodsky
迫力ある(けどアレンジが時々微妙かもー、クラシック以外も演奏してるからかな?)

Ivry Gitlis
表情付けが個性的、人間味ある(好き嫌い別れそうですが、私は好き)

Roby Lakatos(番外編)
クラシックの人ではないけど Zigeunerweisen なので。ヤーノシュ・ビハリの直系の末裔
(この人見ると、ぴんから兄弟の、宮 史郎とハクション大魔王、思い出すんですが…^^;
 葉加瀬太郎さんにも似てる?)

---

ハイフェッツ、カンポリ、イヴリーギトリス、が
それぞれの「らしさ」が聞けて、ベスト3かな〜?。
オマケ!?のラカトシュもたまにはいいです。



現在も96歳!で現役のイヴリーギトリスさん。(これは今よりお若い頃の映像)
夕暮れ時、鐘の音が響く石造りの街角なのでしょうか?
こういうシチュエーションで生演奏、良いなぁ、羨ましく思います…。

...Zigeunerweisen、哀愁があってテンポも技法も色々、
ヴァイオリンの様々な音色表現が多彩に愉しめて、改めて...いいなぁ。
(ド素人な感想ですみません〜〜^^;)
他にもクラシック、沢山良い曲&好きな曲有りますので
また聞き比べするつもりです。


保存保存保存保存

2018年5月8日火曜日


5月も第二週に差し掛かりました。
会社勤めではないので、GWも通常通り
次の展示に向けて制作していました。

これまでにも同じ様なテーマで
過去に二回程展示をしたのですが、次はその第三弾と言う感じ。
その過去の展示では、特にテーマを全面に掲げてはいなかったのだけれど
(当時は自分でも気がついてなかったのか…)
今になって当時作った物を思い起こしてみると、なるほど
自分の根底には同じ事がテーマで有るのだなぁと、笑(今更)

今回このテーマを私に投げかけてくださったY先生の方が
私がやりたい事を解ってくださっていたのかも。
案外自分の事って自分では見えてない、解らなかったりするのだ。
何年作ってるんだよー!って自分に言いたくなるけれど。
これが自分なので仕方が無いです。
でも少しずつ少しずつ色々な事が解って来たり、
新たに知りたい事が出て来て、それについて考えたり調べたり
違う方向から考えてみたり取り組んでみたり...やっぱり作るのは楽しい!
(上手く作れない時は嫌になったりもするけれど)

作る事は考える事!


2018年4月20日金曜日


中標津の佐伯農場内にある「レストラン牧舎」さん
サイロを利用した、荒川版画美術館、他
今シーズンの営業スタートになりました。
展示の版画は、入れ替え作業をしてきましたので
昨年訪れた方でもまた新たな作品を楽しめます。



今年も、レストラン牧舎さんのクラフトコーナーにて、
作品の販売をしています。
佐伯さんの木のアクセサリー、開陽窯さんのうつわ、
ステンドグラスの浅沼さん、牛の版画の富田さん、
イラストの福田さん、私(米倉)の織り、他。

食事も、毎年メニューを色々考えられ、身体に優しい美味しいものが。



未だ少し雪が残っていましたが
こういう風景もまた◎
白樺の樹の感じが良いです。

春の風景を楽しみにドライブがてら是非!
アクセス方法、連絡先等は、下記HPをご覧ください。



2018年4月7日土曜日


春ですねー!桜ですー!
神奈川のHさんが送ってくださった、少し前の砧公園の写真。
実際はもう散ってしまって葉桜らしいです。
ハナミズキもこの後、綺麗なんですって。
あぁ、芝生でゴロゴロしたい〜。
なんか…枝垂ではないけれど
歌舞伎や日舞に出て来る舞台絵(背景)みたいな大木ですね。

(神奈川と世田谷って案外近いから、うちでも神奈川のテレビ放送など
 受信出来ていたなーと、今思い出した)



関東の桜の樹はやっぱり大きいなぁ。
昔、砧公園のある区(世田谷)に住んでいた私。
砧公園の桜は見に行った事が無いけれど、色々思い出します。
外濠公園などに夜、お花見へ行ったのは、
北海道人としては感動的な行事でした、笑。
シャツ一枚でのんびり夜風に吹かれながら桜吹雪の中
みんなで呑んだり食べたりできるなんてね。

取り合えず、ジンギスカンしてる人は居ません、笑。
(札幌だと花見でも海水浴でもジンギスカン、焼き肉!)

外濠公園(外濠である牛込濠・新見附濠・市ヶ谷濠に沿うように位置、
JR飯田橋駅から市ヶ谷駅、四ツ谷駅まで約2kmに渡ります)

匂いや光の色や、脳裏に浮かぶ思い出せる数少ない景色の映像で
行けないけれど東京の暮らしで感じた事を思い出します。



今朝の北海道。遠くから見たら、花の蕾・・・!?
には見えませんねー^^;)
二日程、春の雪が降り白くなりました。
丁度、入学式だったのに、寒々しい〜〜〜。


淡雪や ひとつかみずつ 春の草

春の風景を見ると、東京いいなー!と思うけれど
花粉が凄そうだし、あっという間に暑くなりそうだし、耐えられないかも、笑。
うーん、でもまたちょっぴり住んでみたい気も・・・^_^)

2018年4月4日水曜日


4月です。あっという間に3月も終わっていました。
今シーズンはグズグズ春の雪が降る事も殆ど無く
街中、冬の残骸のホコリだらけです。

さてさて、今年の予定は・・・
例年通り中標津の「レストラン牧舎」さんが
今月末から、今シーズンのオープンを控えています。
今年も店内のクラフトコーナーでの作品販売で、お世話になる予定です。

それから秋に札幌で展示の予定です。
こちらの展示に向け、只今絶賛制作中です。

他にも未だ決まっていないけれど・・・何か有るかも!?
決まったらまたお知らせしますね。


先日、札幌の「器と雑貨asa」さんを久しぶりに訪ね
リネンクロスを納品してきました。
丁度、お客様がいらしてリネンクロスを手に取ってくださっていたので
少しお話する事ができました。
作品について直接お伝えしたり、お話も伺えて嬉しかったです。
ありがとうございます。

また、asaさんからのリクエストもいただいたので頑張って制作します。

作りたい物は沢山沢山有るのですが・・・
もっと早く作れたらなぁと(毎度の事ですが)
もしくは一日の時間がもっと有るとか!笑。


2018年3月17日土曜日




みなさま、こんにちは。
毎週末聞いているFMラジオ番組ウィークエンドサンシャイン、
今日はDJのピーターさんが、
懐かしいブルースブラザーズの映画のお話をしていました。
Ray Charles が楽器店の店主で…と。
当時良い状況ではない事の多かった公演先のピアノ。
その点、電子ピアノは調律も必要なく
レイにとっては使い易い物だったのでは?!と。なるほど〜。
その当時、電子ピアノはオモチャとしてしか見られていなかったけれど
レイが使う様になった事で、変わった…云々と言うお話でした。

そのお話に出て来た映画には、レイ本人も出演しているの
あぁ!あの場面!すぐにあの場面が蘇りました。




ついでに、アレサも!
レストランの肝っ玉母ちゃんっぷり!?が、なんかすっごい似合ってる^^;)





Cab Callowayのスキャットも聞ける^^)




他にも、James Brown や John Lee Hooker…
色々凄い人が出てたなぁ。
この動画の最後に出演者が出て来ます。

こういう楽しい映画、近頃ないですかね〜?

2018年3月12日月曜日


カタチと間(ま)についていつも考えている。
カタチ自体の持つ面白さだけでなく
そのカタチ有るものの周りに存在する空間の事も同時に考える。
カタチのない空白の部分(空間)も、カタチ有る物と同じ位重要。
と言うか、そちらの方がもしかすると重視しているのかもしれない。
有るものと無いもの、このふたつのバランス。お互いの効果。

空間は見えない様に思えるけれど
そこに何かが有ると空間は見えて来る。空間は無ではない。

カタチも目に見えるものだけじゃない。
音も分子も時間も、様々なカタチがある。

窓から流れ込む風や、光や、時間、色々な気配も。

物を配置して、その物だけを見るのではなく
その物と周りの空間。
部屋とか壁とか、紙とか...何か枠が有って
その中にどう配置すると間が良くなるか無意識のうちに考えている。

こういう考え方は日本的な感覚かもしれない。
それが良いとか悪いとかではなくて、感覚の違い。

自分の場合、小さな頃から習っていた日本の芸事も
多いに関係している気がする。
いつもいつも「間」についてどう表現するのか
すり込まれ身体で覚えてきたから
知らぬ間にその感覚が身に付いていて意識をするのかもしれない。

昨夜、教授(坂本龍一氏)のNYライヴ放送をTVで見たら
「音の空間」「非同期」等について教授がお話していた。
おぉ!笑。
ガラス板の断面を棒でなぞって、ギィ〜って音を出したり!?
知らない人が見たら意味不明な演奏!?かも…笑。
でも言いたい(表現したい)事すごく解りますよ!!
って言いたくなりました。

いつだったか読んだ、吉本隆明氏の著書の中で
教授とビートたけしさんの事を「時々危なっかしい方向へ行く…」と
書かれていたのを思い出した。笑


保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存